ネットスラング「糖質」、いわゆる統合失調症に友達がなったら

病気

 

統合失調症とは

思考、知覚、感情、言語、自己の感覚、および行動における他者との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つ一般的には幻聴、幻覚、異常行動などを伴うが、罹患者によって症状のスペクトラムも多様である。

 

もし友達が統合失調症になってしまっても関係を続けるべきなのか?

どう接したらいいか、現役統合失調症であるサイト管理人が語る。

 

 

サトシ

というわけでバリバリの統合失調者のワイが語っちゃうで

ぬこ

カミングアウトしすぎでしょ、あんまり人に言えない病気なのに

サトシ

まあ、半匿名みたいなもんやから、ええかなって

ぬこ

自己紹介で廃人になってたというのは統合失調症が原因で?

サトシ

せやね、20前後で発症して5年以上は廃人同然やった

ぬこ

具体的にはどんな症状だったんです?

サトシ

ちょっと記憶が曖昧な部分もあるけど、わいは陽性症状として妄想、感覚過敏、陰性症状としては、落ち込み、無気力、後悔、こんなもんかな

ぬこ

はーなるほど。もっと詳しく突っ込んで話してもらってもいいですか?

サトシ

そうやね、陽性症状の急性期の前に寝れなくなって色々な考えが頭を駆け巡っていき不安定な状態になる。で、突然万能感が頭を支配したり異常行動をおこしたりするようになる。逆にとてつもない不安感にも襲われたりもする

ぬこ

異常行動ですか

サトシ

どんな異常行動をするかは本人の知識経験によると思うで。妄想と現実の区別がつかなくなってフィクションとノンフィクションの知識を全部つなぎ合わせて、知識が頭を駆け巡るイメージや。ただ混乱してるだけなんやけどな

ぬこ

そういや、ポケモンになりきって高いところから飛び降りた事件とかもありましたね

サトシ

専門家じゃないからなんとも言えんけど、統合失調症やと思うで。わいは「念」が本気で使えると思ってたで

ぬこ

HUNTERXHUNTERの読みすぎでしょ、ヤバイやつじゃないっすか

サトシ

だからヤバイ病気なんやで。ワイはならへんかったけど「自分は神で人間を粛清する」とかいう妄想にとりつかれたら事件にまで発展する恐れあるからな

ぬこ

なんやかんやで、それっぽい事件も起きてますからね

サトシ

ワイは基本ハッピーエンドのフィクション好きやったから、それがまだよかったんかもしれんな。エログロ好きやと刑務所行きやったかも

ぬこ

少年ジャンプに感謝しないといけませんね

サトシ

たまに精神鑑定で無罪とかあるけど、そんなもんいらんからな。事件起こしたやつは精神病でも刑務所ぶちこまんとあかんで。わいも事件起こしたらどんどんぶち込んだらええねん

ぬこ

まぁ、社会に放つのは怖いですからね。統合失調症のことは多少わかりましたので、そろそろ本題に入りましょうか

サトシ

せやな。統合失調症になった(なりそうな)友達とはどう接するかや

 

妄想の話は「話半分」で聞き流して反論とかはしないでおこう。

少し距離をおいて、本当に大事なら定期的に連絡しよう。

 

サトシ

統合失調症の急性期は電話・メール・ラインを半端ないほど送ってしまうから、友達してるなら一発でわかると思うで。わいも迷惑かけたもんや

ぬこ

ネットで変な持論展開してるのもそうでしょうか?

サトシ

まあ、そうやと思うで。だから「糖質」って呼ばれるんやろうな

ぬこ

ネットなら無視すればいいと思いますけど。友達なら大変ですね

サトシ

基本対応できるときはしてくれたら嬉しいけど、無理なときは無視でいいで。友達の存在は助けになるけど会話とか連絡で直接治るような病気じゃないからな

ぬこ

まあ病院に行かないと駄目ですもんね

サトシ

しょうもない知り合いやったら全部ブロックでええけど、大事な友だちやったらたまに連絡とって欲しいんやで。ワイもやっぱ楽しかった時間が助けてくれる場面が多かったからな

ぬこ

よくバイトできるまで回復しましたね

サトシ

まあなんかあったら定期的に発症するんやけどな、入院するレベルにまではいかずに自己完結する方法でなんとかやってるで

ぬこ

そんなことできるもんなんですか?

サトシ

まぁこれは慣れやね。「陰謀論」とか「監視されてる」とかの妄想もあるんやけど、それでもこのくそったれな世界で生き抜いていく、「基本的に他人に迷惑をかけない」って感じでやってたら大丈夫やで

ぬこ

はー、漫画の主人公みたいですね

サトシ

いつか「あの時は混乱してたな〜」とか笑い話にできる日がくるから、今苦しんでる人も苦しんでる友達がいる人も頑張って欲しいんやで

ぬこ

なるべくハッピーエンドの物語に触れるように生きていたいですね

 
 

いかがでしたか?

回復の助けになったフィクションもいつか紹介したいと思います。

病気

Posted by satoshiK